台湾グルメ集 2013~2019

自転車で縦断しながら食べてきたあれこれを独断と偏見で紹介します。

台北市


珍珍水餃  営業11時30分~20時 月曜休み

台北市大同区華陰街175

ここは美味い! 圧倒的おすすめは

 

鮮肉韭菜(水餃子)と肉燥家常麺乾です。

 

2013年に見つけてから毎回通っています。

テーブルにあるにんにく醤油をたっぷりつけて食べてみて下さい。

本当においしいです。



大稻埕米粉湯

台北市大同區重慶北路一段26巷15號

営業8時30分~16時30分 日曜休み

朝からやっているお店です

店主のお爺さんが造る臭みの無い豚骨スープに春雨かお粥を選べます。

心温まる味。本当の地元味です。



龍門川味麺店

台北市大同區太原路48巷15號

営業10時~20時

この食堂の目玉はズバリ 猫

四川系の店だが辛くなく日本人にも安心して食べられます。

猫は2階にいます。



鼎泰豐ディンタイフェン 三越店 11時~

台北市中山區南京西路12號B2

NYタイムズが世界10大レストランに選んだこの店。 世界中からここの小籠包を食べにお客さんが来ます。

味は言うまでもありません。

本店より三越店のほうが席が取りやすいようです。



阜杭豆漿  朝5時30分~お昼まで

台北市中正區忠孝東路一段108號

ガイドブックに必ず載っているこのお店

朝6時に行っても30分は並ぶ人気店です。



八方雲集

台湾全土にある焼き餃子チェーン店

書き込み式のメニュー表なので台湾語が話せなくても大丈夫です。



MIDOSUJI味道筋

台北市中山區中山北路一段121巷24號

日曜休み

たまには自分へのご褒美という事で行ってきました味道筋。

オーナーの君塚正美さんは来台30年のベテランでアイスクリームをゴチになりました。

台湾でうなぎは味道筋。



金春發 営業11時~21時

台北市士林區文林路742號

名の通った牛肉麺のお店。

源汁牛肉麺はしっかり牛だしが効いていて美味。台北市に分店があるらしい。



新北市


邱家肉粽

新北市石門區尖鹿里尖子鹿115號

台湾最北端の町 石門 この地区ではなぜか粽屋が乱立しており、自然と競争原理が働き美味しい。

ここまで来る日本人はいないと思いますが台湾粽銀座石門をご紹介。



鶯歌


大媽牛肉麵 昼夜営業 月曜休み

新北市鶯歌區 文化路135

陶器の町鶯歌に来たらぜひ

地元の鶯歌っ子に大人気の牛肉麺はイケます

無カンスイの太麺はプリプリでもう・・



台中


阿水獅豬腳大王

台中市中區公園路1號

営業11時~20時

プルプルの豚足煮込みが有名なこのお店

台中市内に4店舗台北にも1店舗あります。

豚足が好きならまぁ間違いないでしょう。



尹媽媽麵疙瘩 綠川店 

台中市中區光復路65號

営業11時~20時 日曜休み

2017年泥酔して行ったこのお店
どういう料理か説明しずらいのですが、おじやと麺が選べて(私は麺)なかなか美味しかったです。

酔って記憶が曖昧な時に覚えているので間違いなく美味いはずです。



越南小吃鱔魚麵包

台中市中區繼光街141號

ベトナム人経営の本格ベトナム料理屋

夜になるとベトナム人労働者が押し寄せ大音量でカラオケを歌い始める。
台湾人は一人もいない、違う法権のベトナム特区。

あたりにはインドネシア料理、ベトナム料理の店が軒を連ねる。



彰化


郭媽媽滷肉飯

彰化縣彰化市長安街74號

営業11時~21時半 水曜休み

2016年第一回縦断時、彰化でありえない事件に巻き込まれ匿ってくれたお店。

いつかまた行きたい。



鹿港


荘排骨飯

彰化縣鹿港鎮中山路261號

天后宮付近の食堂は意外と閉店が早い。
20時過ぎ鹿港で小腹がすいたらおすすめなのが荘排骨飯。
サクサクの排骨は日本のとんかつとは明らかな違いがあり〼

無料の味噌汁もなかなか



自由拉麺

彰化縣鹿港鎮中山路329之1號

街全体が古文化街な鹿港。

日本統治以前の区画割が残されており、自転車でも通れない程の小道が沢山あります。

自由拉麺、ここはそんな 小道フェチ におすすめの店。

味は超淡麗の家系で薄いが、ここは味ではなく 道 が売りの店です。



嘉義


無名鶏肉飯

嘉義市西區仁愛路540號

営業11時~22時 木曜休み

嘉義によると必ず行く無名鶏肉飯。
なぜ無名かというと店主が店名を決めぬまま営業を開始し数十年経過し皆が「無名」という呼び始めた結果。

日本統治時代の家をそそまま使っている。
80代の老夫婦とその娘さんで営んでいます。
おすすめはいろいろ味わえる 特製便當60元



大同鶏肉飯 営業6時~17時

嘉義市西區仁愛路195號

2016年の第一回縦断時ここで朝カレーを食べ、2018年の第五回縦断時には「あれまた来たの?」と なんとタダでご馳走してもらった。
ここのカレーライスはカレー風中華あんかけ丼であり、カレーでも中華丼どちらでもない。 陳淑美さん ありがとう!



台南


夏林海鮮炭燒

台南市南區夏林路1之22號

営業17時~深夜

日本のガイドブックには絶対に載っていない名店。 
スイカを発酵させて出汁に入れた鍋(名前が分からない)がめちゃくちゃ美味かった。
地元台南の友人が連れてってくれたお店だから美味しいに決まっている。



松仔腳純山碳烤  

台南市中西區中正路131巷13號

営業17時30分~深夜 月曜休み

ここも台南地元民だけ知る人ぞ知るお店だと勝手に思っています。

カエルの甘辛揚げが絶品!



邱家小卷米粉 営業11時~17時

台南市中西區國華街三段5號

台南を代表するグルメストリート国華街に行った際、行列ができていたのがこのお店。

あっさり海鮮スープに米粉麺とヤリイカが

超絶プリプリ。



臺南永大路霸味薑母鴨 営業16時~

台南市永康區永大路二段57號

台湾では12月に鴨を食べる風習があるそう。

そんなこんなで2017年の12月台南の友人に連れて行ってもらったお店。

鴨しゃぶしゃぶを薬膳スープで頂き少し元気になった気が・・



民生路意麵  営業16時~

台南市中西區民生路二段112號

地域の繁盛店。名前はまだない。

メニューも至って質素、それでも客が絶えない。

派手さを求めず、地元民と同じ物を食べるのもゲバラ流。



高雄


王記牛肉麵

高雄市苓雅區興中一路280號

営業11時~21時

どうやら他にも店舗があるようですが、責任を持っておすすめできるのはこの番地のお店です。

ここの 麻醬乾麺マージャンガンメンに付属の

にんにく醤油、酢、高菜

 

を存分に掛けて食べると なんと盛岡名物じゃじゃ麵を食べた時のような至福感が味わえます。
美味しすぎて踊ってしまいました。

 

これは美味い!



阿哈

高雄市苓雅區林泉街11號

偉大なサイクリスト陳雨樹さんに連れて行ってもらったお店。
ここは高雄の「ステーキ宮」



多一點咖啡

高雄市苓雅區同慶路138號

営業9時~17時

ゲバラのクラリス姫 書評家のなおちゃんに連れて行ってもらったお店。

本格西洋的喫茶公司 



基隆


龍門客棧麵店

基隆市中正區中正路28號

基隆でフラリと寄ったお店。

海鮮スープのラーメン(陽春湯麺)は優しい味で時々食べたくなる。



羅東


老店 羊肉羹

宜蘭縣羅東鎮公園路47號

営業16時~20時 日曜休み

2017年酔っぱらって入店したが、美味しくて替え玉(台湾にそのシステムは無い)してもらったお店。

沙茶という台湾独自味のとろみスープをおじやか麺で食べます。
泥酔してたのに替玉まで(無理やり)したんだからかなり美味しいはずです。



宏鑌麻辣臭豆腐

宜蘭縣羅東鎮中山西街32之7號

香港のサイクリスト黄小虎さんと一緒に入ったお店。

2人でどんちゃん騒ぎを始めたら、なんと女主人も参戦。
お酒は怖い・・



花蓮


花蓮香扁食 営業10時30分~21時30分

花蓮縣花蓮市中山路347號

名物の巨大ワンタンが美味い!

特製の辣油もまたいい。

花蓮市内に分店が数店。



水蓮


水蓮なげやり食堂 営業 気分次第

水蓮の通り沿い

一応食堂。

客が来ても接客はしない。

あくまで家族としてもてなす超アットホームなお店。

メニューも特にない。
気が合えば友達を呼び宴会を始める。



豊浜


口上小吃 営業9時~17時

花蓮縣豐濱鄉三民路41號

壁一面に客の殴り書きなお店。

海鮮ラーメンはウランバートルでも出せるレベルでした。



成功(東海岸)


皇家山東牛肉麵 営業10時30分~20時

台東縣成功鎮大同路43號

牛肉麺が有名なお店だがあえて牛肉繪飯をオーダー。
中華風ボルシチがまいうー。



台東


新生小吃部 24時間営業

台東縣台東市新生路104號

 

2016年作家の椎名誠さんとお会いする機会を頂きました。その際椎名さんは台東で食べた曰く「台湾うどん」に御立腹で、あの優しい椎名さんが激怒する「台湾うどん」とは何ぞや と 台東まで行って食べたのです。

しかしこれが私的にはホームランで超ウマでした。箸で食べないでレンゲで食べるのがコツです。 それとこの店の特製辛味は素晴らしいです。

 

「台湾うどん」とは 米苔目ミータイムー



銘家小吃部

台東縣台東市台東縣台東市正氣路352號

営業11時~20時 日曜休み

ほろ酔いで入ったお店。

おすすめは麻婆豆腐。
広東風の甘い辛い味にしっかり豆鼓のコクが



大武


大武夜市のステーキ屋 営業夜

熱々のステーキをナイフで切り、一口食べたその瞬間、ハンマーで頭を叩かれた衝撃があった。

 

      まずい!

 

寝る間を惜しんで人の3倍努力しないとここまでまずいステーキは焼けない。
ある意味 また食べたい。