第七天  台南   走行12キロ


12月4日

朝、ちょっとビックリした。

共有ランドリーによさげな20代マレーシア女子がいた。

話をしながら部屋に戻ると オイオイ 相部屋やんけ!!

相部屋の隣と上の2人はどちらもよさげな20代女子で他はゲバラ1人。

 

知らなくて良かった。 知ってたら頭がピンク色に染まって寝れなかった。

でもノリも良かったし「自転車縦断マジCOOL!」なんて言ってたからもしかしたら一夜限りの三国同盟を結んで・・ とか結局、煩悩の犬は追えども去らずだ。

 

この日は午前中海辺にある安平老街をブラリ。

その後、友人の会社に突撃してドッキリを仕掛けました。

興味のある方は後日動画で 

 

日本で「台南」というと美食の街というイメージが強い。

確かにそうかもしれない。 

ただゲバラにとって台南とは何かと問われたら

真っ先に「小道 シャオダオ」と答えます。

 

表通りからは見えない庶民の生活が隠された小道。

台湾は治安が良いので、ふらっと小道に入ってみるのもいい。

 

昨日泊まった福憩背包中西館は本日お休みなので和平館に移り

19時日本人が建てた林百貨店で友人と落ち合う。

台湾では冬に鴨鍋を食べるのが良いそう、土用の丑の日に鰻を食べるのと同じ感覚。
鴨は一羽丸ごと解体して鍋に入れる。

こうやって食すと不思議なもんで鴨に感謝しながら味わえる。

それこそ昔の人達は自らが育てた家畜を屠って食べていたのだから涙を流しながら食べていたかもしれない。

そんな想いがよぎった台南の夜。

             第八、九天はこちら