第六回謝謝台湾自転車縦断岩手隊

台北~鶯歌~台中~鹿港~嘉義~台南~高雄  2019/5/23~6/2  11日間

走行者 根本蓮24歳 銭ゲバラ42歳


第一天 5月23日 仙台で飲み過ぎる 仙台~台北

2016年から始めたこの活動も早いもので6回目を迎えました。

毎回その内容を増して震災時台湾から頂いた支援に感謝を表したい。

今回走るのはお馴染みの銭ゲバラ42歳と先月に自転車日本一周を達成した大学生の根本蓮君

 

我々は19時、仙台から台湾に向け飛びました。

そして台湾桃園空港に着いたのは現地時間22時。

いつも世話になっている隠れ宿に投宿したのが23時半。

慌てて酒を飲んで水餃子を食って寝たのが次の日の2時。

さて、明日から本格的に動き出します。


第二天 5月24日 ハインツ教授に御馳走になる 台北

 

昨晩投宿した部屋は3階の301

オーナーのジョンはその下の2階に住んでいます。

いつもそうなのですが到着便が遅い場合2階のポストに投宿する部屋の鍵が置いてあって挨拶もしないでその部屋を使うのがジョンと私の慣例になっています。

 

朝9時2階のジョンに会いに行った。

そこで悲しいニュースを聞いた。

66歳のジョンは今年のつまり2019年の7月をもってこの隠れ宿HappyFamily2を閉めるそう。

看板も出さず風の噂だけを頼りにやってきた客をテキトーに泊めてきたこの宿。

この宿のセカンドストーリーだけで一冊小説が書けそうな宿だった。

これも時代の流れか・・・

ゲバラは物悲しさが抜けないまま、台湾版レターパックで各地に折鶴を送った。

朝めしをいつもの大稻埕米粉湯でとって午前中の内に淡水の楽奇単車へ

今回はGIANT社のSNAP2台を用意してもらった。

 

ちなみに震災時GIANT社は被災地に1000台もの自転車を寄贈している。

自転車で台北に戻った後、華陰街のFilpFlopHostelに投宿。

 

この日は夜に大学教授の魏ハインツさんとお約束があった。

ハインツさんは前回の旅の際わざわざ車で追っかけて我々に差入れしてくれた恩人で「いつか必ずお会いしましょう」が今夜だった。

18時半、寧夏夜市の入口でハインツ教授と半年ぶりの再会をはたし、夜市内にある 客家放山鶏 でご馳走してもらった。

客家炒板條が素晴らしく美味かった。

                                              つづく

                                             つづく