第七回謝謝台湾岩手隊


当初西海岸、東海岸の全2回で完結予定だった

謝謝台湾岩手隊ですが多くの皆さんからの後押しを受けて7回目を迎えました。

今回は久しぶりの単独縦断。

今回の旅のテーマは

 

自分にしか出来ない事を探す

 

です。

 

自分にしか出来ない事ってあるのでしょうか?


Day1 12月2日 仙台~台湾

人は皆、日に2度3度 何を食べるか?

選択を迫られるけど財布や冷蔵庫の中身と相談するのが億劫になって意外と安易な結論を出している。

我が身を顧みても、純粋に食べたい物を食べるのは正月ぐらいなもんで、日頃はコスパ重視。

 

だからこそ悩む。

 

フライト前に何を食べるか? 

今回は仙台駅の立ち食いそば屋で 肉そば を食べた。

万が一墜落し、あの世で今生最後飯の話題が出たとしても

かけそば では肩身が狭い。
オレは肉。「にくそばをたべました」 
コーンフレークが最後飯だった御霊への配慮も忘れず そう言いたい。

 

 16時仙台空港を離陸し 20時台北桃園空港着陸。

空港で林さんと合流し車で桃園市内へ

おススメのアヒル肉屋で一杯やって奧爾斯青年旅館に投宿 一泊500

桃園駅周辺で安く泊まるならいい宿だと思います。

今回の縦断はゲバラ一人、全日分刻みのハードスケジュールなので早めに寝ました。


Day2 12月3日 桃園~台北 走行33キロ

謝謝台湾岩手隊を初回から支援してくれたJong
謝謝台湾岩手隊を初回から支援してくれたJong

8時起床 電車で台北に着いたのは10時、教会に食材を保管してもらい

今年6月に宿を閉めた友人Jongの家(Happy famiry2)跡地に行ってみると、やはりビルの大半は売り物件になっていた。

はたしてJongはいるのか・・

恐る恐る開錠コード○○○○を入力すると 開いた。

そして2階に上がっていくとJongはいた。

宿主と客という関係からいつしか友人になっていたJongとゲバラ。

いつもオレの部屋に40歳位の西洋女をブッキングしてきてニヤニヤしていたJong 

オレが「20代の東洋人にしてくれ」って言ったら「それはダメだ」というJong 

僕らはそういう間柄なのです。

そして猫のミミ21歳が9月に逝ったと聞き、少しおセンチゲバラになった。

MRTで淡水へ、ここで何故か酒を飲み始め身を清める。

アル中のふしだらな習慣を神社仏閣風に正当化するのはいかがなものか・・

 

11時淡水の大都会広場というビル10階にあるサイゼリア淡水店へ

ここで前回発見した超ウマ飯 香辣水蓮桜花麺(平日ランチ限定)を

 

やはり美味い! 程よくにんにくが効いてその上桜エビと水蓮菜を一緒に味わえるのは世界でただ一つ台湾だけ。

13時楽奇単車で自転車を受け取り淡水から台北市内へ

 

この日はいつものFlop Flip Hostelに投宿 事前予約で375元。

台北駅前でこの価格はありえない。

 

さて明日から縦断をします。


                   つづき